シグマ建設株式会社 スタッフBLOG|シグマの種

自己流

2017年03月24日| posted by シグマ建設 at 17:17 |日記
1.jpg

胡蝶蘭の花。この胡蝶蘭、昨年の4月新社屋完成の際にいただいたものです。

2.jpg

1年間、このようにもう一度咲かせたいと、2階の通路(Room4)でまとめて育てていました。

その育て方。ネットで少しは調べてみたのですが、植え替えてまでやるのは大変なので
いただいた鉢そのままで1年間様子を見ていました。
昨年花が終わってからの花芽のカットは様々です。根元に近いものもあれば、上部の少しのもの。
8鉢いただき、ポット数では全部で24ポット。
今日蕾のあるものを数えてみたら、16ポットありました。ちょうど2/3。
6割6分6厘の確率。自己流にしては上等なのかなぁ〜・・・大満足です。
その胡蝶蘭達の蕾や花。

3.jpg

4.jpg

5.jpg

結構蕾があるでしょう?

そして今日やっと、前々から準備していた小さな鉢に入れ替えることが出来ました。
とりあえず、1つの鉢の3つのポット。

6.jpg

7.jpg

完成したものがこちらの3鉢です。

ジャーン!!

10.jpg

8.jpg

9.jpg

この後、それぞれが各部屋に納まりました。

11.jpg

12.jpg

もちろん、去年の姿にはとうてい及びませんが、私的にはとても可愛い胡蝶蘭。

皆さん 是非機会があれば見てあげてください。

小野でした。
タグ:社長
 

SL

2017年03月15日| posted by シグマ建設 at 21:10 |日記
こんばんは  福井です。

今日は現場からの移動中にSLを見ました。

IMG_6154.JPG

近くまで行ってみるとカメラを持った人が何人かいました。

みんな高そうなカメラで絶好のポジションで撮っているような人たちばかりでした。

そんな中、私はスマホでカシャカシャと・・・かなり場違いな感じで、カメラを持っている皆さんからは

なんだこいつはという目で見られていたような気がします。

IMG_6158.JPG

でも近くまで行って撮ってきました。

小学生ぐらいの時に一度乗ったことを思い出しました。

今度、子供を連れて乗ってみようかな〜

では。
 

どちらがメイン?

2017年02月27日| posted by シグマ建設 at 21:00 |日記
本当に御無沙汰しておりました。社長の小野です。

去年の7月以来のブログです。その間、写真などでは登場しておりましたが、全て社員にまかせっぱなしで反省しております。
それには、私なりの理由がありまして、、、このブログもそうなのですが、実は私の場合、自分自身でブログを発信できないのです。
いつも下書きをして、女性社員に発信をお願いしている始末。今もこうやって下書きをしながら、誰にお願いしようか?と思案しているのですわーい(嬉しい顔)

「だったら早く本題に移れ!」?ハイ、そうします。


まず写真から
1.jpg

2.jpg

3.jpg

そうです。最近よくブログでも取り上げている、つくばみらい市のauショップ。
昨日、現場に寄ってみました。3月3日にオープンという事で、足場もはずされ、外部はほぼ完成。
これから開発が進む地域ということもあり、予想以上にこの白とオレンジの建築が目立っていました。

内部の様子はというと、

4.jpg

内装工事はほぼ完成でしたが、資材等の片付けが残っている状況。
その中で塗装工事の石田さんが階段の塗装作業を行っていました。

5.jpg

その階段を正面から見たのがこちら。

6.jpg

やはり白が基調。
この建築、かなり表しの木が多用されているのですが、全て白系の塗料を使用。

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

今現在かなり白すぎた感はありますが、これからカウンターや什器、さらに商品が並べられれば、落ち着いてくると思われます。
今回、私のカメラではこの大空間の迫力等を伝えられる写真を撮ることが出来ませんでした。
完成後にプロに撮ってもらう完成写真でお伝えしたいと思っております。


ここからはまた別の話なのですが、、、
どうせ休みの日にみらい平まで行くのならと
auの前に、水戸の偕楽園に行ってきました。

「どっちがメインか?」私的には、5:5です。

群馬の安中で現場をやって以来、この時期毎年「秋間梅林」に足を運んでいました。
今年もその時期を迎え、ふっと湧いた案が ”お互いついでに”ということ。
まずは水戸偕楽園に・・・予想はしていたのですが、近付くにつれて車の渋滞にはまり、駐車場に入るだけで約1時間。
12時にやっと入園できたのですが、私が帰る14時過ぎでも

a.jpg
こんな状態。
皆さんお疲れ様でしたふらふら


その疲れが消え去るような梅たちと松の写真でお別れにします。
b.jpg

c.jpg

d.jpg

e.jpg

f.jpg

g.jpg


最後にもうひとつ、
昨日私が出会った八重と一重、それぞれのBestの花です。

h.jpg

i.jpg


それでは、小野でした。
タグ:社長
 

“さきがけ”の建築

2017年02月25日| posted by シグマ建設 at 21:05 |日記

お久しぶりです、山田です。
最近花粉が飛び始めたのか(気のせいだと思いたいのですが)
眼が痒くなったりと調子が悪いのでメガネで過ごしています。
今文章を書きながら思っているのは、昨年も同じような時期に同じようなことを書いたような気がしました。。

本題ですが、最近ブログや施工状況でも紹介させていただいている
「auショップみらい平」が、新聞に掲載されたとのことです!

木材新聞auショップ (1).jpg

本来こういった店舗や、大空間になるような施設が木造で作られるケースは少なかったと思います。
しかし現在世界では木造の良さが見直され、大規模な木造建築が増えているそうで、
今後は日本でも木造トラス構造など、大スパンをとばすような木造建築が増えてくるのではないかといわれています。
そういった話を聞くようになった中で、今回携帯ショップの設計を依頼され、
“さきがけ”となる建築をつくりたい、という想いで設計をさせていただきました。

携帯ショップという常に時代の先端をいく分野の店舗で、このような先進的な工法を使うことができたのは
お互いの分野にとって良い相乗効果があったのではないか?と思います。

新聞記事にもあるように、工場の技術も要求されますが、構造設計に関してもかなり打合せや検討が行われました。
お話をいただいてからオープンまで、かなり短い工期の中で
構造の大内先生(弊社社屋も大内先生に構造設計していただきました)には迅速に対応していただきました。
金物も既製品ではなく製作する部分があったりと、普段なかなかできない経験をした現場だったと思います。

私は申請関係を担当させて頂いたのですが、大規模な店舗の申請は初めてだったのでとても勉強になりました。
書類を一つ提出するために片道2時間半以上電車に揺られて茨城まで行ったことは今では思い出となりつつあります・・・

新しい事に挑戦するのは大変な部分も多く、時間も労力もかかりますが
そこから得るものは大きいな〜と実感しました。

遠いところになりますが、茨城県つくばみらい市に行った際にはぜひauショップみらい平に立ち寄ってみてくださいね!

それでは。

 

サイクルセンタースズキ オープンハウス

2017年02月18日| posted by シグマ建設 at 22:20 |日記
シグマの種をご覧の皆様 こんにちは河辺です。

昨日も小林がブログを出していましたが
本日はサイクルセンタースズキ様邸にて
オープンハウスをさせていただきました。


ブログで何度も紹介させていただいた
三角の開口の空間をシグマのお客様に体験していただきました。
P2180061.JPG

住宅の内部の説明もさせていただいたのですが
お客様の質問は三者三様で住まいの中で大切にしているところが違い
多方向の視線からの質問に答えるのはとても勉強になりました。

P2180070.JPG

↓は少し住宅部分もお見せいたします。

家型のかわいいお部屋です。
太陽の光を多く取り込んだ気持ちのいい部屋になっています。
P2180073.JPG



吹抜けからリビングダイニングを見下ろした風景です。
ハイサイドライトを設けて、長屋では難しい採光の確保を行いました。

P2180074.JPG


午後4時半頃、社長が来て自分たちが撮った写真をデジカメで確認すると
写真はこうやって撮るものだと椅子を持ち出して高い位置からの撮影をしたり
寝そべって天井の風景を撮っていました。その写真が↓です。


P2180076.JPG

P2180079.JPG

P2180084.JPG

↓は社長が写真を撮り終えた後自分がまねっこして撮った写真です。
及第点に届いたかな?と思いアップしてみました。

P2180102.JPG

オープンハウスが終わり、お礼の電話を担当の大工さんにしたのですが
その大工さんが社長は光の入れ方と風景の切り取り方が上手いから
よく勉強するようにと言われました。

P2180109.JPG


自然環境を建物内に取り入れるの難しい形態のなか
自然を上手く活用した素敵な自転車が並ぶお店になりました。
様々な日用自転車が置かれていますので
皆様是非、足を運んでいただきたく思います。

本日はオープンハウスをさせていただき
サイクルセンタースズキ様、本当にありがとうございました。


河辺でした。







 

ページのTOPへ戻る