シグマ建設株式会社 スタッフBLOG|シグマの種

サイクルセンタースズキ オープンハウス

2017年02月18日| posted by シグマ建設 at 22:20 |日記
シグマの種をご覧の皆様 こんにちは河辺です。

昨日も小林がブログを出していましたが
本日はサイクルセンタースズキ様邸にて
オープンハウスをさせていただきました。


ブログで何度も紹介させていただいた
三角の開口の空間をシグマのお客様に体験していただきました。
P2180061.JPG

住宅の内部の説明もさせていただいたのですが
お客様の質問は三者三様で住まいの中で大切にしているところが違い
多方向の視線からの質問に答えるのはとても勉強になりました。

P2180070.JPG

↓は少し住宅部分もお見せいたします。

家型のかわいいお部屋です。
太陽の光を多く取り込んだ気持ちのいい部屋になっています。
P2180073.JPG



吹抜けからリビングダイニングを見下ろした風景です。
ハイサイドライトを設けて、長屋では難しい採光の確保を行いました。

P2180074.JPG


午後4時半頃、社長が来て自分たちが撮った写真をデジカメで確認すると
写真はこうやって撮るものだと椅子を持ち出して高い位置からの撮影をしたり
寝そべって天井の風景を撮っていました。その写真が↓です。


P2180076.JPG

P2180079.JPG

P2180084.JPG

↓は社長が写真を撮り終えた後自分がまねっこして撮った写真です。
及第点に届いたかな?と思いアップしてみました。

P2180102.JPG

オープンハウスが終わり、お礼の電話を担当の大工さんにしたのですが
その大工さんが社長は光の入れ方と風景の切り取り方が上手いから
よく勉強するようにと言われました。

P2180109.JPG


自然環境を建物内に取り入れるの難しい形態のなか
自然を上手く活用した素敵な自転車が並ぶお店になりました。
様々な日用自転車が置かれていますので
皆様是非、足を運んでいただきたく思います。

本日はオープンハウスをさせていただき
サイクルセンタースズキ様、本当にありがとうございました。


河辺でした。







 

自転車屋さん

2017年02月17日| posted by シグマ建設 at 20:35 |日記
こんばんは。
小林です。


明日はいよいよサイクルセンタースズキのオープンハウスということで


サイン看板の取り付けが行われたり

IMG_0028.JPG







社長と監督で自転車のディスプレを考えたりと明日の準備も大詰めです。





IMG_0034.JPG
 
ここの場所にはこのカラーの自転車


ここの場所にはこの形の自転車


ここは明日のお客さんの動線になるからこの配置


など、社長自らセッティングを考えます。


IMG_0031.JPG

IMG_0044.JPG




建築を創るだけではなくて、

そこに建築ができあがって
その中身まで、どうみせるかを真剣に考える


ここがシグマの良い所であり、
建築の醍醐味なのかなと思います。



明日は、当日のご予約もご対応させて頂いておりますので、
皆様是非起こし下さい晴れ
お問合せ:048-574-1611


 

サイクルセンタースズキ 内覧会

2017年02月11日| posted by シグマ建設 at 00:59 |日記
シグマの種をご覧の皆様お久しぶりです。河辺です。

サイクルセンタースズキ様のオープンハウスが2/18に決まりました。
そこで、この現場での思い出を書かせていただきます。

前回小林がブログで書いた
三角で構成された開口についてです。

「河辺君、展開図出して」
現場から帰ると社長が言いました。
現場をみて考えるとの事で同行し、
社長がスケッチを始めました。

自分は他の現場へ行き、社長とは別れ、事務所に帰ってくると
「河辺君、面白いのができた。これで行こう!!!」
と見せられたのが、前回のブログのスケッチです。


IMG_1135.JPG

「ここの三角の開口はここの光を通して、
 こっちの三角の開口は向こう側の三角と天井が見えて…」
と社長の考えを伝えられ、

「こことここの線をを平行にして、ここはデザインで底辺を下げて…」
と細かい指示をうけました。


IMG_0591.JPG

糸を張って大工さんに指示を出して来てと言われ
梁の上に足場を掛けて社長のスケッチとにらめっこし、
下地の作り方を考えました。
 ↓はとても見えにくいのですが水糸という糸を張った後の写真です。
糸を張りながら大工さんにここはこう作れますか?と相談して張りました。

IMG_0686.JPG

これで良し!と思い社長に糸を張り終えましたと伝え、見に来てもらうと
バカモン!ここはこうしろと言っただろ!!!と怒られました…
まだ考えが足りないのかとしょんぼりしながら大工さんと下地の組み方を考え直しました。

IMG_1164.JPG

↑の三角の角が3点交差するところが怒られたポイントです。

IMG_1237.JPG
↑実際にボードを張り終えて、見上げて見ると
自分が考えた三角の開口よりもはるかに見栄えがよく
すごいな〜、かなわないな〜と
尊敬しながら、反省したことをよく覚えています。

P1210018.JPG

そして大工さんも大変だったのですが、塗装屋さんも大変でした。
角がピシッとなるようにパテで下地を作っていくのがとても難しく神経を使う作業です。
「河辺さんむずかしい!大変!」といいながらもとてもきれいに仕上げてくれました。

IMG_1689.JPG

実際に仕上がると、朝・昼・夕日・夜の照明と
室内に入る光によってさまざま顔を持つ空間となりました。

社長からの面白いのが出来た!!!
は自分は恐ろしくもありますが
仕上がると本当に面白い空間ができるので
他の現場でも必死に挑戦する日々を過ごしています。

そんな思い出深いスズキサイクルさんの

オープンハウスが2/18に行われます!

是非皆様足を運んでいただき、空間体験していただきたいとおもいます。
何卒よろしくお願いいたします。


河辺でした。





 

現場での1日 in 茨城

2017年02月09日| posted by シグマ建設 at 11:50 |日記
こんにちは。
小林です。

 
昨日は1日現場で作業だったので、今日は現場での1日を題材にブログをかきたいと思います。

 
現場は、茨城県つくばみらい市に今春オープンのauショップです。
6:00に会社を出て、高速に乗り、守屋パーキングのスタバに寄りたい気持ちをグッと堪えて、
8:00 に現場に到着しました。

 
前回1/7に現場に行った時の現場の様子
IMG_0825.JPG

約1ヵ月で

P2080108.JPG

ここまで進んでいました。
朝一の光がとてもきれいです。



まずは現場で使う道具や、
社屋から持ってきた合板や木材を荷下ろしします。
この規模になると、使う木材の量も多く、降ろす作業だけで一苦労です。

行きの車内で監督と打ち合わせした作業にとりかかります。
主に墨出しと呼ばれる、墨の付いた糸で基準を出していく作業なのですが、
ガラスの納まるところや、床のレベルを、よりフラットに合わせるために、様々な所に基準を出していきます。


また、現場の状況によっては、
作業を進める上で、現場にある様々な材料を異動させたり、掃除をしたり、
先の段取りを考えつつ行動します。


このような作業をこなしつつ、
監督はその場で業者さんと納まりの話し合いも行います。

こちらは、板金屋さんと屋根の貼り方について最終確認です。

P2080112.JPG


昨日は、様々な業者さんが20人以上いたので、
監督は現場中をいったりきたりでした。


作業の様子
P2080116.JPG

中では電気屋さん、空調屋さん、塗装屋さん、
外でも、板金屋さん、大工さん、が作業していて
現場は大賑わいです。
さらに内装業者さんが打ち合わせに訪れたりします。


現場では、10時と15時に休憩があるのですが、
職人さんたちと缶コーヒー片手にお茶をします。
職人さんとは、ポケモンGoの話しもしたりします(笑)


 
そんなこんなで、めまぐるしく1日が過ぎ、
日が暮れて、職人さん達は1日の作業を終えて、現場からあがります。
最後に明日の段取りの打ち合わせもします。

IMG_1192.JPG



職人さんが現場から全員いなくなってからも、
私達はまだまだ続きます。


電気をつけて、次の日職人さんに作業をしてもらうための墨出しをします。
住宅4戸分くらいの広さに出していきます。
写真は全体の1/5くらいの広さです。

P2080117.JPG

ライトの明かりを頼りに、作業していきます

IMG_1197.JPG



朝一の現場もきれいなんですけど、夜の現場の雰囲気って、
こではこれでグっとくるものがあるんですよね。

P2080121.JPG





結局現場を出る頃にはすっかりお月様がのぼっていました。





ここの現場は、建物の設計・施工を担当させていただいておりますが、
今回このお仕事のお話頂いた内装会社様をはじめとして、
構造事務所、プレカット、金物も特注だったりと、
着工にいたるまでにも、相当な話し合いと、様々な検討要素があり、
かなり時間がかかっています。

 
IMG_8910.JPG

 
IMG_8896.JPG



 
今回のauショップの特徴でもある、トラス構造も、
どのようにしたら木造で大断面のスパンをとばせるかという試行錯誤のもと、生まれています。
ですが、こうした問題解決の為の構造が、建築の特徴やシンボルとなるのって
おもしろい現象だと思います。

 
P1270077.JPG


!cid_7B303445-85CE-47B1-B7FD-9BAB9DA39EAE.jpg



P2080106.JPG



トラス以外の構造部分も、大断面ならではです。
4本の柱で、鉄骨をがっちり支えます。

P2080109.JPG

柱と耐圧との接合部も厳密に位置をだして合わせました。


IMG_8891.JPG
IMG_1201.JPG


また、構造だけではなく、
中を白塗りにしているのですが、
こういった塗装のサンプル作りなども、私達が行いました。

実際の塗装現場。
写真だと塗る前と塗った後で違いがお分かりいただけると思います。

IMG_1182.JPG


今回は、表し部分を白く塗装しています。、
白は、元々クライアント様のご要望のイメージカラーですが
白にすることで、商品が際立ったり、
店舗に人が集まった時の人の流れや、
アクションを引き立たせる空間になるのではないかと思います。

打ち合わせの際はイメージしやすいように、パースを作成して検討しました。
※  内観パース 作 山田

 
2階正面.jpg



こちらのauショップも、社長の手描きのスケッチから生まれていますが、
社員ながらに、シグマの建築はただの箱としての建築ではなく、人々の心が動く建築だなと思います。

こうした店舗は、住宅とはまた違った部分が沢山あり、
現場で学ぶ事も多く貴重な1日を過ごせました.



auも、工事の進捗状況はこちらで随時更新していますので
よろしかったらご覧下さい!
 

ショールームについてのお知らせ

2017年02月08日| posted by シグマ建設 at 21:54 |お知らせ、ご案内



拝啓
春寒の候、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

この度は弊社ショールームに関するお知らせです。

深谷市国済寺の弊社モデルルームとしておりましたテストハウスですが、この度売却が決まり、2017年3月に新しいご家族の手に渡ることとなりました。
それにともない、2017年2月13日月曜日より、テストハウスのご見学が出来なくなりますことをご報告致します。
皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
尚、新しいテストハウスを現在構想中です。
土地探しからの状況ですが、進捗状況は随時ホームページにて更新していきます。

また、昨年2016年5月まで弊社事務所としておりました深谷市上野台の旧社屋ですが、こちらも他の方にお貸しすることとなり、2017年春より、障害者支援施設としてうまれかわります。
現在、改装工事の真っ最中です。


旧社屋、テストハウスともに、長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。
シグマ建設の設立から間もなく22年となりますが、その大半を旧社屋で活動し、テストハウスにも多くのお客様をご案内してまいりました。
シグマの原点であり、歴史の一部でもあります。
少々名残惜しい気持ちもありますが、この2つの物件が新しい方々に渡り、建物を使っていただけることを大変嬉しく思います。

新社屋に移転し、間もなく1年を迎えます。
これもひとつの区切りとなりますが、初心を忘れず、先を見据えたものづくりを追求していきたいと思います。

今後とも変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。
敬具


平成29年2月吉日
シグマ建設株式会社 代表取締役 小野 猛




 

ページのTOPへ戻る