シグマ建設株式会社 スタッフBLOG|シグマの種

南青山五丁目

2017年04月24日| posted by シグマ建設 at 19:35 |日記
こんにちは。
小林です。


昨日、建築家 山田守の自邸に行ってきました。

山田守は、京都タワーや日本武道館を設計した昭和を代表する建築家です。


先月、人生で初めて日本武道館に行った際に、初めて山田守を知り、
その矢先に自邸が期間限定公開となったので、もうこれは行くしかないと、とってもわくわくでしたるんるん



 
表参道駅から5分ほど歩くとパンケーキの行列が‥



IMG_0808.JPG









と思ったら、普通に山田守自邸の行列でびっくりしました。
期間限定公開の最終日だったので長蛇の列が‥


門はさびっさびでしたが、
経年劣化の腐食したなんとも言えない味のある感じがたまらなく良いです。



IMG_0811.JPG



このガラスの内部に、
螺旋階段があります。


IMG_0821.JPG



三階建てです。

IMG_0822.JPG




中もたくさんの人で溢れかえっていて、なかなかスムーズに見ることはできませんでしたが、
力強くかつ構造から細部のディテールにこだわった、繊細で美しい建築に眼福でした。
内部は撮影禁止だったので、しっかり目に焼きつけてきました。




山田守は造成計画にもぬかることなく、
工事の際に出た土で庭になだらかな斜面をつくり、
表参道の一等地にあるにも関わらず、住宅の窓からは東京を感じさせない青々とした深緑が一面に広がり、避暑地すら連想させる有様。


憎い程に素晴らしい建築住宅でした。




IMG_0829.JPG




建築仲間4人で行ったので、そのあとランチしながら納まりや構造について話していたら、
コシノジュンコさんに遭遇するというミラクルもおきました。
さすが表参道は違いますね。

 

それでは、小林でした。


 

ページのTOPへ戻る